Twilight to Starlight



<   2006年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2006年 4月29日 fox in the snow / belle & sebastian

 今日はトラファルガー広場でLove Music Hate Racismというキャンペーンが行われてたからちょっくら行ってきた。というのも、このキャンペーンは音楽の前向きなエネルギーでもって不当な人種差別に立ち向かおうという旨のもので、その一環でbelle & sebastianとかbabyshamblesなどがフリーライヴをすると聞いたからそれを目当てに出向いてみたわけです。広場に行ってみると、キャンペーンは始まったばかりなのに大勢の観衆で賑わってた。belle & sebastian以外にもたくさんのアーティストが出演して、それと共にライヴの合間などにゲストスピーカーが人種差別についてのメッセージを述べるという形で行われてて、目当てのバンドは遅い時間に出るだろうと見越してしばらく周辺をブラブラ。
 結局belle & sebastianのライヴは6時半頃から始まって30分くらいで終わっちゃったけど、しばし美しく軽快なメロディーに酔い痴れる。そうそう、彼らってライヴではドラム以外が各パートを代わる代わる入れ替わって演奏するんですね。知らんかった。とあるメンバーがキーボになった時に、1本指奏法だったのには正直驚きましたよ。あとはずっと手拍子だけとか。まぁそれも独創的ってことか!?
 あぁ、予想はしてたけど案の定babyshamblesは来ませんでした。ちょっとがっかりだけど、その反面なんだやっぱりみたいな。何故来なかったかというと当日の午後にピートが麻薬を他人に強要した疑いで逮捕されたから。この人逮捕されるのこれで何回目なんだろう。なんかもう逮捕のニュースを聞いても『あぁ、またか』って感じで驚くとかなくなっちゃったよね。

 ところで、今回のキャンペーンの効果の程はどうなんだろう。ライヴエイドとかライヴエイトみたいにアーティストの力を借りてたくさんの人を集めるという意味では成功だったのかな。メディアや大衆の注目も普段以上に惹きつけただろうしね。ただ、会場に居た半分以上の人がお酒を片手にただライヴを楽しんでただけのように思える。まぁ自分もそのうちの1人なんで偉そうな事は言えませんが。こういうキャンペーンってなるべく多くの人の関心を引いていかに彼らに問題意識を持ってもらうかが重要だからね。実際会場にはかなりの数の人が居たし最初から居ればのべ6時間近くキャンペーンに参加してたわけだから、普通のものに比べれば効果は大きいのかな。ライヴ目当てだったおれのような人にもキャンペーンを知るきっかけになったわけだからね。
e0070728_21165269.jpg

[PR]
by twilightstarlight | 2006-04-29 21:15 | 日々

2006年 4月28日 local boy in the photograph / stereophonics

 最近パソコンが御機嫌斜めです。使っている途中で勝手に電源が切れる。『プーーーン』というかわいらしい音と共にね。この日記を書いてる間にも何回電源が切れたことか。そりゃあ、思わずf○ck!とか言ってしまうよ。だから更新も停滞気味なわけでして。こっちで修理となると保障期間とかなんやらでめんどくさそうだし、日本に帰るまでなんとかもってくれないかな。


 さて、話は変わって夏フェスについて。

 フェスと言えばやっぱりグラストンベリーでしょ。でもなんたることか、前にも書いたように今年は土地休めのため開催しないときた。なんでよりによって今年なんだよ、くそぅ。これだったら6月下旬だから行こうと思えば行けたのにな。行けるチャンスなんて今年しかなかったのにさ。まぁ、他にもフェスはたくさんあるんだけど、どれも主に8月に開催だから時期的に行けないんだよ。ちくしょう、こうなったらその分も日本でフェス楽しんでやる。
 
 てことで、日本のフェス。
 まずはフジロック。これはもう有無を言わさず行くんで前夜祭から含めて4日間思いっきり楽しむ予定。フジの出演アーティストはまだ全部発表されてないね。発表のペースが例年よりも遅いんじゃないか?まだグリーンのトリで出そうなので発表されてるのってred hot chili peppersぐらいでしょ。kula shakerも正直トリかどうか微妙だし。このまま行くとfranzとかトリになっちゃうのかな。できればradioheadに来て欲しいな。彼ら夏にアルバム出すし、ねぇ?ありえそうじゃない?フジで
radiohead聞けたらみんな泣くよ、きっと。
 お次はサマソニ。こっちはもう大体の出演アーティストを発表し終えた感があるね。う~ん、発表を見た感想は正直微妙。。出演アーティストの半分以上聴いたことないし。。。第一、ヘッドライナーのmetalicaとlinkin parkにそんなに魅かれない。metalicaはまだ見たいと思うけどね。linkin parkは高校の時によく聞いてたな~、rageとかlimpの流れで。でも最近はめっきり聴かなくなっちゃたしさ。以前ほど魅力も感じないし。他のアーティストの中では見たい人もいくつか居るんだよね。くるり、the rapture、muse、arctic monkeys、the kooks、little barrie辺り。museのライヴはすごそうだ。
 
 あぁ、悩ましい。2日とも行くのか?でもフジとサマソニの両方に行くとなるとざっと計算して諭吉さんが10人ぐらい必要ですよねぇ。う~ん、果たしてどこからお連れいたしましょうか・・・

e0070728_9403430.jpg

 ここは元は倉庫街だったんだけど、近年再開発されて若者に人気が出てきた地区。
[PR]
by twilightstarlight | 2006-04-28 23:06 | 音楽・ギター

2006年 4月20日 逃れられないこと

 ごめんなさい、ぼく嘘つきました。
 以前『なんて快適なんだ』宣言をしたと思うんだけど、やっぱり快適じゃないです。イギリスに来ても花粉の魔の手から逃れることは出来ませんでした。最初の頃は発症してなくて、今年の春は良い春だとか思ってたけど、最近鼻がむず痒くてくしゃみや鼻水が出てるし目も痒くて掻きまくってます。日本から持ってきた目薬でなんとか耐え忍んでるけど、その目薬もそろそろ底をつきます。
 
 ところで、最近良く街で写真を撮ってるのでその中からいくつか載せちゃおっかな。初めは少ないと思ってた30MBの容量もまだ半分以上残ってるしね。
e0070728_19344980.jpg
 
 リージェントストリート。このなかにこっちで通っている大学があるよ。さて、どれかな?

e0070728_2024082.jpg
 
 名高いアストリア。いろんな人がいろんなライヴをしていろんな歴史を残したところ。この日はパールジャム。
e0070728_19353129.jpg
 
 ビッグベン正面での議会に対するメッセージ。

e0070728_19373965.jpg
 
 とある展覧会での1コマ。

e0070728_20352982.jpg
 
 階段と照明。

e0070728_2036466.jpg
 
 時計がたくさん。



 
[PR]
by twilightstarlight | 2006-04-20 23:24 | 写真

2006年 4月17日 一人暮らしをしてわかったこと

 去年の9月以来ロンドンで生活するようになってから料理を始めたわけです。それまでは実家暮らしだったから家の事はほとんど親任せで料理もろくに作ったことがなかったんだけど、一人暮らしを始めてからはケンタロウの料理本を片手に毎日ご飯を作ってきた。だからそれなりに腕も上がったしもう今では一人暮らしも余裕~な勢い。と言いつつもやっぱり母の作ったご飯の方が味も美味しい栄養のバランスも断然良いんだけどね。
 そんでもって自分で料理を作り始めて気付いたこと。それはね、




ワカメを食べると髪の毛が生えてくる。』

がとんだハッタリだってこと。
 誰でも小さい時とかに『ワカメは髪の毛に良いんだからたくさん食べなさい』みたいな感じで言われたことあるでしょ。おれも日本に居た時はご飯に味噌汁がお決まりの我が家だったから、相当な量のワカメを食べてたと思う。だけど、こっちで自炊を始めてからおれが食べたワカメの量は7ヶ月で増えるワカメちゃんをたったこぶし一握りくらいだけだよ。なのに髪の毛は相変わらずわんさか生えてきた。もっさりさんのおれがいうんだから信憑性は高いでしょw
それじゃあ、皆がこのことを当然のごとく信じているのはどうしてか?それは、皆がワカメを売りたくて仕方の無いない全国漁業協同組合連合会、約して全漁連の策略にまんまとはまってたからだ!まったく髪の毛、しいては禿げを連想させるようなデリケートな問題を使ってまでしても彼らはワカメの消費量を増やしたかったのか!全く下劣なやつらだぜ。そして更に、ワカメの摂取と髪の毛が生えることには何の関連性も無いってきたもんだ。こりゃ参っちゃうね。(まぁ、これはおれが勝手に言ってる事なんで悪しからず。)
  試しに調べてみたら、髪の毛はケラチンていうタンパク質で出来ていて、髪の毛に良いと思われているワカメに含まれるミネラル成分のヨードとは科学的関連性が無いって言うじゃないか。考えてみれば、ワカメをほとんど食べなさそうな食文化で暮らす人々にもちゃんと髪の毛が生えてるしね。ワカメをたくさん食べるよりもバランスの良い食事をとった方が髪の毛にも良いんだとさ。たぶんワカメが髪の毛に良いっていう勘違いは、ワカメが海中で海流に揺られている姿が髪の毛を連想させるからなんだろうな。
 以上、髪の毛とワカメに関する雑記でした。
e0070728_11314770.jpg

 真ん中にそびえ立つのが、テートモダン。元々発電所だったところをHerzog & de Meuronという建築家のコンビが改築したもの。モダンとコンテンポラリーアートの美術館。

[PR]
by twilightstarlight | 2006-04-17 22:46 | 日々

2006年 4月12日 today / アンジェラ・アキ

e0070728_2093195.jpg
 ここんところ3日間ニューヨークからロンドンに旅行に来た友達の観光案内をしてました。もうそろそろ滞在期間が7ヶ月になるというのに、未だに行ったことが無いところが意外とあるから案内と名乗りつつ自分もちゃっかりロンドン観光っていう流れでね。セントポール大聖堂は一番上まで登ったし、ウェストミンスター寺院とかタワーブリッジの中にも実際に入ってきたよ。これらの観光スポットは今まで外からは眺めたことはあったけど、実際に中に入ったことは無かったんだよね。近くにあるからいつでも行けるやっていう感覚に陥ってから早7ヶ月。結局行ってなかったんだよね。こういう機会がないと実際一人じゃ行かないもんだよね。
 正直3日間も案内すると疲れも溜まっちゃったわけだけど、案内した友達は喜んでくれたし自分も久しぶりに友達に会えたしロンドン観光も楽しめたからまぁそれはそれでよかったんじゃないかな。

 話は変わって、タイトルについて。アンジェラ・アキという人なんだけど、なぜかスマパンのtodayをカヴァーしててそれで知った。良い声してるし、面白い人だしでお勧めですよ。
e0070728_2011307.jpg

 ロンドンと言えばビッグベンでしょ。まぁ、ありがちなどこででも見る構図ですけどね。
[PR]
by twilightstarlight | 2006-04-12 20:43 | London

2006年 4月8日 Like a rolling stone / Bob dylan

 昨日で今学期の授業が全部終わった。つまりは留学期間の授業が全部お終いってこと。去年の9月から始まったイギリス留学生活も4月はイースター休暇で、5月はテスト期間を残すのみでもうあと2ヶ月弱で終わってしまう。思い返して見れば、こっちに来てすぐの頃にやっと1ヶ月経ったね、みたいなことを話していたのが今となっては懐かしいな。
 あー、あと2ヶ月もしないで日本に帰るんだと思うとすごく焦る。まだこっちでやり残したこともたくさんあるし。こっちに来てからの7ヶ月弱が本当にあっという間だったよ。9ヶ月って短すぎだよ、マジで。できれば最低でも1年はイギリスに居たかったな。まぁ、日本に帰っても9月の下旬まで学校はないから6月以降もこっちに居続けられるんだけどさ。そうすると金銭面でも親に負担をかけてしまうし、もうこれ以上迷惑はかけられないなと思ってしまうわけで。
 
 最近思うことはこの留学を通してどれだけ成長できたのかということ。いやぁさ、留学してくる人ってモチベーションが高い人が多いから、そういう人たちと接しているといざ自分はどうなんだっ!って考えてしまうんだよね。一体どれだけ成長したのかな…
 おれは留学っていうことに対して多くのことを望みすぎてたのかもしれないと思うんです。こっちに来る前はいろいろ希望を抱いてたんだけど、実際にロンドンで生活を始めてみたら、それ程でもないんだなって思えてしまったんだよね。留学することをさながら精神と時の部屋にでも入るかのように捕らえてたんだけどさ、実際は違いました。どこでも時間は同じように流れてますよ。その中でいかにどれだけのことを経験して学べたかなんだよね。こっちではバイトをしてないからその分自由な時間はたくさんあって、ロンドンで生活していろんな人と接することで日本ではできないような経験も積めた。学校が長期休暇で休みの時にはヨーロッパの他の国を旅行で訪れて様々なものを見て考えたりもしたし。今すぐには自分がどれだけ成長したのか実感するのは難しいのかもしれないけど、後々になって振り返った時にこの留学中に積んだ経験が実を結んでいることだろう。だから、今は残りの時間でできる限り多くのことを経験していこう。
e0070728_14677.jpg

[PR]
by twilightstarlight | 2006-04-08 23:49 | 日々

2006年 4月6日 PDA / interporl

 授業がなかったので昨日のグリニッジに引き続き本日もロンドン観光。やっと行って来ました大英博物館。
 
e0070728_22475279.jpg
 まずは正面入り口。平日なのにたくさんの観光客と地元民で賑わってた。お昼休みにちょっくら大英博物館の階段で休憩とか贅沢すぎだよね。
e0070728_2248194.jpg
 さぁ、お待ちかね、ロゼッタストーン。よく世界史の裏表紙とかに載ってたよね。本物は意外と小さかったですよ。この石にはエジプト民衆語と、共通ギリシャ語と、ヒエログリフでプトレマイオス朝時代の法令が刻んである。ヒエログリフはなんかへんてこな文字でした。
e0070728_22484198.jpg
 

 踊るシヴァ神。

e0070728_23113165.jpg
 
 これは博物館中央部分の天井。アーティスティック。時空の歪みでも表現したかったんだろうか。どうすれば天井をこういう風にしようとするアイディアが浮かぶんだろう。そのセンスをおらにも分けておくれよ。
[PR]
by twilightstarlight | 2006-04-06 23:28 | London

2006年 4月5日 hoppipola / sigur ros

 今日は天気が良かったので一人ロンドン観光を決行。グリニッジ周辺を散歩してきました。ここではカティーサーク号、王立海洋大学、クイーンズハウス、旧王立天文台を見て回ってきた。周辺一帯が広い公園になっていてすごく居心地がいい所だったな。
 
e0070728_22184919.jpg
 カティーサーク号。どこぞの誰かさんが喜びそうな名前w この船は中国とのお茶貿易で活躍した高速帆船で、当時の最短で2国間を107日で航行してたんだと。今はテムズ河畔に停留してあって中は博物館になってた。107日ってさ、今じゃあ気の遠くなるような日数だけど、当時としては速かったらしいですよ。

e0070728_22191373.jpg
 
 王立海洋大学。校舎がこんな大学で勉強してみたいねぇ。

e0070728_22193869.jpg
 
 クイーンズハウス。シンメトリーの美学。

e0070728_22195711.jpg
 
 クイーンズハウスの中にあった螺旋階段。青い半透明の屋根から光が差し込んでいてきれいだった。

e0070728_22201987.jpg
 
 グリニッジ天文台。これは子午線が通ってる位置を指し示すためのオブジェ。天文台の中は時計と天体観測に関する博物館でした。何故かこの日は無料で入れてラッキーだったな。
[PR]
by twilightstarlight | 2006-04-05 22:11 | London

2006年 4月3日 diktater of the free world / kula shaker

 心理学のテスト終わったー。いろんな意味で終わったーw
いや、勉強はしたしベストは尽くしたよ。もう後は最低ラインギリギリでいいから単位が来るのを祈るのみ。帰り際に先生に『Good luck !』言われました。その言葉を信じたいです。

 さてさて、昨日の話になるけど、ついに念願のkula shakerのライヴを見てきた!もう最高!!クリスピアンかっこいいし、ギター上手過ぎ!!!わざわざバスで往復5時間かけてまででも見に行った甲斐があったよ。会場も狭目で、キャパは大体1000人ぐらいか。最初から前の方に陣取ってて、途中からは一番前で見れた!たぶんステージまで距離にして3・4m。クリスピアンがどんなエフェクターを使ってるのかもバッチリ見れたし、本当めちゃくちゃ近かったよ。あの時場所を譲ってくれたお姉さんに感謝感謝。
 ライヴは21時半から始まって終わったのは23時ちょっと前。アンコールも2回あって全部で17曲やってくれた。ライヴが始まる前にはスタッフがステージでお香を焚きだして、会場にはインドテイストな匂いが漂ってもう雰囲気も良い感じ。待ちきれない思いでそわそわしているとついに彼らの登場。待ってましたっ!もう解散してから7年も経過したからみんな程よく歳を増してそれぞれに貫禄が出始めてた。でもライヴが始まってからはそんなことも忘れる位にアグレッシヴ。まだまだ行けるぜっ!てな勢い。クリスピアンは終始動き回ってるし、アロンザはお得意のリズムに乗って前後に歩きながらベースを弾いてた。彼らの作り出すグルーヴは本気で最高!その気持ち良さに聴いててついつい体が動いちゃうんだよね♪
 一つ残念だったのはキーボがジェイじゃなかったこと。始めて見る知らない人だったんだけど、彼はまだ他の3人と上手く溶け込めてない感じだった。所々ぎこちない感じ。やっぱりジェイがキーボのほうが良いな。彼は今oasisのライヴでキーボを担当してるんだけど、どうにかkula shakerに戻ってきてくれないかな。彼もこっちの方が活躍できると思うんだけどなぁ。。。
 まぁ、何よりも今回イギリスで見れたのがすごく嬉しい!自分がイギリス留学中にkula shakerが再結成するだなんてなんか運命感じちゃうよね。そんでもって彼らは今年のフジにも来るしさ。ちなみに彼らが出演予定の日は奇しくも我が生誕記念日。これも何かの縁でしょうか!?
e0070728_9544053.jpg

セットリスト(順番は曖昧。)

knight on the town
the big bad wolf and the bogeyman(新曲)
303
revenge of the king(新曲)
die for love(新曲)
grateful when you're dead
oh my jesus come and rescue me(新曲)
diktater of the free world (新曲)
shower your love
last farewell
tattva
hush

hey dude
super cb operater(新曲)
govinda

108 battles of the mind
hollow man
[PR]
by twilightstarlight | 2006-04-03 22:08 | 音楽・ギター


.
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30