Twilight to Starlight



カテゴリ:日々( 73 )


2006年 5月8日 ラーメン太郎

e0070728_9211100.jpg 
 タイトルはラーメン大好き太郎さんって意味じゃなくてラーメン屋の名前ね。ピカデリーサーカスの近くにある日本食屋で割りとリーズナブルな価格がありがたい。ちょっと前のことだけど、もう我慢ならなくなってこの店にラーメンを食べに行った時の感想でも。その時頼んだのは味噌ラーメンで値段は£5.5。日本では高いけど、これでもロンドンだと安いほうなんだよ。んで肝心の味だけどね、うん、いたって普通。ロンドンにしては美味しい方なのかもしれないけど、日本の美味しいラーメンを知っている人にしてみたらまだまだという感じ。味が薄っぺらいんだよね。スープに深み、コクが無い、そして温い。麺は一応歯ごたえがあったからまだマシなほうかな。でも、これだったらラ王の味噌味といい勝負かもしれない。いや、本当にそんなレベルだから困ってしまう。ちなみに、だいぶ前に行ったワガママっていうラーメン屋はもっと酷かった。あれはもはやラーメンじゃないよ。何か別の食べ物のような気がしてきた。
 ふぃ~。もうこっちで美味しいラーメンを食べるというのは諦めようかな。あと1ヶ月もしないで日本の美味いラーメンが食べられるんだし。誰か僕に会ったら『美味しいラーメン屋行こうぜ!』と声を掛けてみて下さい。たぶん目を光り輝かせながら喜んで付いて行くよ。ウザいくらいにねw
[PR]
by twilightstarlight | 2006-05-08 22:57 | 日々

2006年 4月29日 fox in the snow / belle & sebastian

 今日はトラファルガー広場でLove Music Hate Racismというキャンペーンが行われてたからちょっくら行ってきた。というのも、このキャンペーンは音楽の前向きなエネルギーでもって不当な人種差別に立ち向かおうという旨のもので、その一環でbelle & sebastianとかbabyshamblesなどがフリーライヴをすると聞いたからそれを目当てに出向いてみたわけです。広場に行ってみると、キャンペーンは始まったばかりなのに大勢の観衆で賑わってた。belle & sebastian以外にもたくさんのアーティストが出演して、それと共にライヴの合間などにゲストスピーカーが人種差別についてのメッセージを述べるという形で行われてて、目当てのバンドは遅い時間に出るだろうと見越してしばらく周辺をブラブラ。
 結局belle & sebastianのライヴは6時半頃から始まって30分くらいで終わっちゃったけど、しばし美しく軽快なメロディーに酔い痴れる。そうそう、彼らってライヴではドラム以外が各パートを代わる代わる入れ替わって演奏するんですね。知らんかった。とあるメンバーがキーボになった時に、1本指奏法だったのには正直驚きましたよ。あとはずっと手拍子だけとか。まぁそれも独創的ってことか!?
 あぁ、予想はしてたけど案の定babyshamblesは来ませんでした。ちょっとがっかりだけど、その反面なんだやっぱりみたいな。何故来なかったかというと当日の午後にピートが麻薬を他人に強要した疑いで逮捕されたから。この人逮捕されるのこれで何回目なんだろう。なんかもう逮捕のニュースを聞いても『あぁ、またか』って感じで驚くとかなくなっちゃったよね。

 ところで、今回のキャンペーンの効果の程はどうなんだろう。ライヴエイドとかライヴエイトみたいにアーティストの力を借りてたくさんの人を集めるという意味では成功だったのかな。メディアや大衆の注目も普段以上に惹きつけただろうしね。ただ、会場に居た半分以上の人がお酒を片手にただライヴを楽しんでただけのように思える。まぁ自分もそのうちの1人なんで偉そうな事は言えませんが。こういうキャンペーンってなるべく多くの人の関心を引いていかに彼らに問題意識を持ってもらうかが重要だからね。実際会場にはかなりの数の人が居たし最初から居ればのべ6時間近くキャンペーンに参加してたわけだから、普通のものに比べれば効果は大きいのかな。ライヴ目当てだったおれのような人にもキャンペーンを知るきっかけになったわけだからね。
e0070728_21165269.jpg

[PR]
by twilightstarlight | 2006-04-29 21:15 | 日々

2006年 4月17日 一人暮らしをしてわかったこと

 去年の9月以来ロンドンで生活するようになってから料理を始めたわけです。それまでは実家暮らしだったから家の事はほとんど親任せで料理もろくに作ったことがなかったんだけど、一人暮らしを始めてからはケンタロウの料理本を片手に毎日ご飯を作ってきた。だからそれなりに腕も上がったしもう今では一人暮らしも余裕~な勢い。と言いつつもやっぱり母の作ったご飯の方が味も美味しい栄養のバランスも断然良いんだけどね。
 そんでもって自分で料理を作り始めて気付いたこと。それはね、




ワカメを食べると髪の毛が生えてくる。』

がとんだハッタリだってこと。
 誰でも小さい時とかに『ワカメは髪の毛に良いんだからたくさん食べなさい』みたいな感じで言われたことあるでしょ。おれも日本に居た時はご飯に味噌汁がお決まりの我が家だったから、相当な量のワカメを食べてたと思う。だけど、こっちで自炊を始めてからおれが食べたワカメの量は7ヶ月で増えるワカメちゃんをたったこぶし一握りくらいだけだよ。なのに髪の毛は相変わらずわんさか生えてきた。もっさりさんのおれがいうんだから信憑性は高いでしょw
それじゃあ、皆がこのことを当然のごとく信じているのはどうしてか?それは、皆がワカメを売りたくて仕方の無いない全国漁業協同組合連合会、約して全漁連の策略にまんまとはまってたからだ!まったく髪の毛、しいては禿げを連想させるようなデリケートな問題を使ってまでしても彼らはワカメの消費量を増やしたかったのか!全く下劣なやつらだぜ。そして更に、ワカメの摂取と髪の毛が生えることには何の関連性も無いってきたもんだ。こりゃ参っちゃうね。(まぁ、これはおれが勝手に言ってる事なんで悪しからず。)
  試しに調べてみたら、髪の毛はケラチンていうタンパク質で出来ていて、髪の毛に良いと思われているワカメに含まれるミネラル成分のヨードとは科学的関連性が無いって言うじゃないか。考えてみれば、ワカメをほとんど食べなさそうな食文化で暮らす人々にもちゃんと髪の毛が生えてるしね。ワカメをたくさん食べるよりもバランスの良い食事をとった方が髪の毛にも良いんだとさ。たぶんワカメが髪の毛に良いっていう勘違いは、ワカメが海中で海流に揺られている姿が髪の毛を連想させるからなんだろうな。
 以上、髪の毛とワカメに関する雑記でした。
e0070728_11314770.jpg

 真ん中にそびえ立つのが、テートモダン。元々発電所だったところをHerzog & de Meuronという建築家のコンビが改築したもの。モダンとコンテンポラリーアートの美術館。

[PR]
by twilightstarlight | 2006-04-17 22:46 | 日々

2006年 4月8日 Like a rolling stone / Bob dylan

 昨日で今学期の授業が全部終わった。つまりは留学期間の授業が全部お終いってこと。去年の9月から始まったイギリス留学生活も4月はイースター休暇で、5月はテスト期間を残すのみでもうあと2ヶ月弱で終わってしまう。思い返して見れば、こっちに来てすぐの頃にやっと1ヶ月経ったね、みたいなことを話していたのが今となっては懐かしいな。
 あー、あと2ヶ月もしないで日本に帰るんだと思うとすごく焦る。まだこっちでやり残したこともたくさんあるし。こっちに来てからの7ヶ月弱が本当にあっという間だったよ。9ヶ月って短すぎだよ、マジで。できれば最低でも1年はイギリスに居たかったな。まぁ、日本に帰っても9月の下旬まで学校はないから6月以降もこっちに居続けられるんだけどさ。そうすると金銭面でも親に負担をかけてしまうし、もうこれ以上迷惑はかけられないなと思ってしまうわけで。
 
 最近思うことはこの留学を通してどれだけ成長できたのかということ。いやぁさ、留学してくる人ってモチベーションが高い人が多いから、そういう人たちと接しているといざ自分はどうなんだっ!って考えてしまうんだよね。一体どれだけ成長したのかな…
 おれは留学っていうことに対して多くのことを望みすぎてたのかもしれないと思うんです。こっちに来る前はいろいろ希望を抱いてたんだけど、実際にロンドンで生活を始めてみたら、それ程でもないんだなって思えてしまったんだよね。留学することをさながら精神と時の部屋にでも入るかのように捕らえてたんだけどさ、実際は違いました。どこでも時間は同じように流れてますよ。その中でいかにどれだけのことを経験して学べたかなんだよね。こっちではバイトをしてないからその分自由な時間はたくさんあって、ロンドンで生活していろんな人と接することで日本ではできないような経験も積めた。学校が長期休暇で休みの時にはヨーロッパの他の国を旅行で訪れて様々なものを見て考えたりもしたし。今すぐには自分がどれだけ成長したのか実感するのは難しいのかもしれないけど、後々になって振り返った時にこの留学中に積んだ経験が実を結んでいることだろう。だから、今は残りの時間でできる限り多くのことを経験していこう。
e0070728_14677.jpg

[PR]
by twilightstarlight | 2006-04-08 23:49 | 日々

2006年 3月31日 煌め逝くもの / fra-foa

 春は出会いと別れの季節でもある。
 
 
 人と出会って知り合うことは人生において素敵なことだし、大切なこと。

 でも出会う分だけ当然別れもある。それが人生ってもの。別れは悲しいし辛い、でも避けては通れ無い。
 
 出会いと別れは人生においていつも起こりうること。諸行無常とはよく言ったもんだ。人は出会いと別れを通して成長していくんじゃないかな。
e0070728_1835349.jpg

 
 私が愛してたあなたは全てがあなたで出来てたんだ

 失いそうになってたものは自分だった

 痛みはいつの日かあなたを思える優しさに変わるはず

 さぁ、自分を生きていこう

 心を砕いて流れ落ちる光で

 あなたを照らして私に会おう
 
 煌め逝く世界を

 胸の痛みを

 愛して唄おう
 
 共に生きよう
 
 煌め逝くもの / fra-foaの歌詞の一部。この部分がすごく心に響く。
[PR]
by twilightstarlight | 2006-03-31 23:45 | 日々

2006年 3月26日 春なのに、さま~ず。

 はい、イギリスは今日3月26日の1時から10月の29日までサマータイムに入ります。日本との時差は8時間になるよ。さっき何気なくパソコンの時間を見たら1時間早まっててそれで気付いたんだよね。これは日本にはない習慣だから馴染みが無い。サマータイムに入る時はなんだか1時間損した気分。と言っても去年の10月の暮れにサマータイム終了と共に1時間得したから、これでちゃらなわけだけどさ。
 これに伴って時計を1時間早めるんだけども、そこはさすがイギリス、地下鉄の駅や学校の教室の時計が1時間狂ったままとかざらなんです。それが英国クオリティ。

e0070728_1212252.jpg

[PR]
by twilightstarlight | 2006-03-26 12:12 | 日々

2006年 3月24日 春の訪れ。

 今日は昨日とはうってかわってぽかぽか陽気でもうすぐそこまで春が来てるんだなぁと感じる天気だった。寮の近くの桜もぽつぽつと咲き出してます。どうやらロンドンでも花見が出来そうだし。ぼくは春夏秋冬とある四季の中で春が一番好きなわけでして、今からうきうき気分なわけです。春の心地良い風が早く吹かないかな。

 そういえば、6ヶ月ぶりにやっと髪を切った。去年の9月に切ってから一度も切ってなくて、まぁその間自分でちょくちょく切ってはいたんだけど、もうどうにも手に負えなくなったんでばっさりとね。少々切りすぎた感が否めませんが。特に横。長さで言ったら5mmくらい。触るとじょりじょりしてて気持ち良いっちゃいいんだけど、いかんせん短か過ぎ。寮の友人にはさながらパンクロッカーのようだとまで言われてしまったし。。。まぁ、髪が伸びるのが早いんで、2・3週間もすればそれなりな感じにはなるはずなんだけどね。

 mixiのコミュニティーを見てたらこんなの発見!http://www.kulashaker.netここでこの前のライブが全部聴けるよ。あぁ、4月のライヴが待ち遠しい!!

e0070728_1385039.jpg

 ちょっと前に行ったバラマーケット。ここは新鮮な野菜や魚介類、乳製品とか何でも揃ってる食品専用のマーケット。
[PR]
by twilightstarlight | 2006-03-24 23:39 | 日々

2006年 3月21日 なんて快適なんだ

 今年の春はとても快適に過ごせそう。

 この時期になると多くの人が悩まされる花粉症。スギやらブタクサやらがあるらしいですが自分はスギに弱い。毎年2月の下旬あたりから目が痒くなったり、鼻がムズムズして鼻水、くしゃみがとまらなくなるのです。朝起きてみると寝てる間に両方の鼻が鼻水で塞がってたもんだから口で息しててそのせいで喉がカラカラとかいう悲惨な状況もよくありうること。あとは鼻をかみすぎてティッシュでこすれて痛くなるとかね。そんな感じだから、この時期は出来る限り外出は避けたくなっちゃうわけですよ。だけどずっと家に籠もってる訳にもいかないから、花粉症対策として塩水で鼻の穴を洗ってみたり、タバスコを花粉症に効くツボに塗ってみたり、何とか茶というのを飲んでみたりといろいろと努力するわけ。
 だがしかし、今年に限っては今までそれらの症状が全く出てない!なんて素晴らしいんだろう。もうそれだけの理由ででもイギリスに住んでいたいよ。
 
 あぁ、花見したいな~。こっちで桜は見れるのだろうか。。。
e0070728_9244715.jpg

 休日に路上ライブをするオヤジ達。バスドラがダンボール。。熱いな。
[PR]
by twilightstarlight | 2006-03-21 23:04 | 日々

2006年 3月12日 今日の出来事

 9:15 起床。とともに10時からの打ち合わせに行く準備開始。
10:10 大学の図書館到着。10分遅れる。けど、他の人も遅れてきたからちょっと気が楽だった。
11:30 打ち合わせを終えてから、プレゼンの準備のために写真を撮りにスピタルフィールズとブリ
      ックレーンに行く。
13:30 朝から何も食べてなかったので店員が胡散臭いカレー屋でたらふくカレーを食べる。美味
     かったよ。
16:00 帰宅。疲れたので寝る。
19:00 再び起きる。すると先学期音楽とその聴衆という授業で知り合った友達がライヴをやるとの
     ことで、それを見にカムデンにあるブル&ゲートというパブ兼ヴェニュー(こっちではライヴ
     ハウスのことをこんな風に呼んだりします)に行く。
e0070728_12401198.jpg
 左側のギターの彼が友達のPutです。こいつギター何気に上手い。そして彼らはE in motionっていうバンドで今日やってた曲はa perfect circleとか女性版system of a downといった感じか。ヴォーカルが良い声してたなー。わりと好みの部類に入るんで、誘われたらまた見に行こうと思う。


23:30 ライヴを見終わって帰宅。夕飯を作る。
 0:10 夕飯を食べつつF1バーレーングランプリを観賞。アロンソが1位になった。そしたら寮のス
     ペイン人が一人で大盛り上がり。それを横目に見つつ、スーパーアグリの佐藤琢磨が完
     走したことに少しながら今後の彼らに期待する。
 2:30 一日を振り返って日記を書く。

 今日はわりと充実した休日を過ごせたね。うん、いいことだ。おれは一人で過ごすのが下手な人なのでわりと予定が入ってたり誰かに誘われたりしないとなかなか有意義に過ごせない性質なんです。下手したら休みの日を特に何もしないで過ごしてしまうこともしばしば。そりゃぁ、無駄ってもんですぜ。
 あぁ、一人で過ごすのが上手な人になりたい。。。
[PR]
by twilightstarlight | 2006-03-12 22:05 | 日々

2006年 3月1日 ”ちょいデカダン”

 今日は奇妙な体験をした1日だった。

 まず、昼頃に空は晴れてるのに雪が舞いだしてその後晴れたまま軽く吹雪く。
あの雪はいったいどこから来たのかねぇ。なんかこっちの人は嬉しかったみたいで、部屋着のまま外に飛び出していく人が数人。まぁ、ものの5分もしないうちに止んじゃったんだけどね。ロンドン生まれの人に聞いてみたらここでは雪は舞っても積もることは無いんだそうな。10年前くらいに膝下まで積もったことが1度あったけだけなんだってさ。

 次に起こった奇妙なことは、キッチンに居た時に起こった。ふと他のキッチンから聞こえてきた言葉は・・・

A『センダッ』←妙に早口
B『ミ ツゥ~オゥッ!』←これが大爆笑!『ミ』の後に微妙にためがあって、その後だけやけにハイテンション。
その他『ナハッナハッ!!!』

 そうです、僕はこの異国の地でなんとせんだみつおゲームを耳にしたのでした。もうその可笑しさといったら!!!まったく誰が吹き込んだんでしょうかねぇ。おれは大爆笑してましたよ。なんかねぇ、イントーネションが絶妙に狂ってんの。この面白さが活字で伝わりきらないのが惜しいなぁ~。録音すればよかったか!?
e0070728_1225990.jpg

 
[PR]
by twilightstarlight | 2006-03-02 12:26 | 日々


.
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30